IMG_1397


危うく忘れるところでした(笑)

今回は作り方のところ

まあ面倒くさがりやの私的には同じようなレシピをクックパッドで探して日本語で見て作っちゃう(笑) のも有りですが、それじゃ英語の勉強にならないじゃん(横浜育ち) と言うことで

材料解説は前回を参照していただき今回は作り方英語解説

Anzac biscuit 

Ingredients
40g porridge oat
40g desiccated coconut
50g plain flour
50g caster sugar
50g butter, plus extra butter for greasing
1 tsp golden syrup or Honey
1/2 tsp bicarbonate of soda

Method
Preheat oven to 180C/fan 160C. Put the oats, coconut, flour and sugar in a bowl. 
Melt the butter in 5-10sec in microwave and stir in the golden syrup. 
Add the bicarbonate of soda to 1 tbsp boiling water, then stir into the golden syrup and butter mixture.

Make a well in the middle of the dry ingredients and pour in the butter and golden syrup mixture. Stir gently to incorporate the dry ingredients.

Put dessertspoonfuls of the mixture on to buttered baking sheets, about 2.5cm/1in apart to allow room for spreading. Bake in batches for 8-10 mins until golden. Transfer to a wire rack to cool.

1 Method 日本語でもメソッドといいますよね? やり方って言う感じでしょうか?
きっちりした日本語の言葉に置き換えて覚えるよりも感覚として覚えてください。だからこの場合は方法とかやり方とかそんな感じ(笑) 

2 Preheat oven to 180C/fan 160C 
Preは事前にとか時系列的に前という事なので事前にheatしておきましょうですね。ちなみにheatはwarmより熱いです。warmは手で触れるけどheatは触れないくらいの感じ。大げさにheatと使う時もあるのであまり深刻に考えなくてもいいですけど。180Cは180度 Fanとあるのは扇風機?、日本語でもfan?風を送る機能ですね(笑) 普通温度はfun無しより低めに設定します。

これがアメリカだとF ファーレンハイト?(綴りがスペルチェッカーに却下されてしまいます笑)これ曲者です。しばらくアメリカにも住んでいましたが覚えられないからいちいち検索しないといけない。

えっと180Cは356Fですって。200度で400F弱と覚えておければ良いかと?いや逆にしないと覚えられないですよね。350Fが180度弱 400Fが200度弱です。近くにメモっておきましょう。

多分アメリカカナダ以外はCなので楽ちん♪

IMG_1396


3 stir in the golden syrup. のstir in 
stirがかき混ぜるなのでinがくっついてるから?想像してくださいネ。
かき混ぜながら入れるわけですね。入れてからかき混ぜるのでもかき混ぜてから入れるのでもないですよ(笑) stir in は同時進行で。

ということで長くなったので このシリーズで次回も。

え?いつになったら作れるんですか?って?

速くつくりたい方はクックパッドにたくさん出てるからどうぞ(笑)

日本人のレシピの方が丁寧で少量で美味しいです、実は(笑)