ポジティブサバイバル英会話 楽に楽しく英語サバイバル

ゼロどころかマイナススタートで英会話を習得する心得を教えます。 英語が大嫌いで苦手で英語のお陰で落第寸前受験失敗だったマイナススタートの私が、留学、外資系転職、国際結婚、海外移住10カ国、今も日本と海外を行き来するバーカーゆみのブログサイトです。

サバイバルコラム

レシピで英語♪ 美味しいアンザッククッキー

前回のアンザックデー繋がりできっとどんなものか興味がある人もいるかと思いアンザッククッキーのレシピで英語の勉強です。

IMG_1252

色々なレシピがあるのですが1番シンプルでオリジナルに近いと思われるレシピを日本人向けに少量にしました。

レシピ用語というのはありまして、慣れればどうってことないし、料理やお菓子作りが好きな人なら既に知っている言葉かもしれませんが、一応後半に解説載せました。

アンザッククッキー(ビスケット)は腹持ち良く繊維質も多いのでダイエット中でも罪悪感少なく食べれるかな?ダイエットには小麦粉をおからパウダーに、バターを米油かオリーブ油に変えるともっと良いと思いますよ。胡麻やナッツ類やシリアルを入れて名前の通りザックザク感を強調しても(笑)

Anzac biscuit 

Ingredients
40g porridge oat
40g desiccated coconut
50g plain flour
50g caster sugar
50g butter, plus extra butter for greasing
1 tsp golden syrup or Honey
1/2 tsp bicarbonate of soda

Method
Preheat oven to 180C/fan 160C. Put the oats, coconut, flour and sugar in a bowl. 
Melt the butter in 5-10sec in microwave and stir in the golden syrup. 
Add the bicarbonate of soda to 1 tbsp boiling water, then stir into the golden syrup and butter mixture.

Make a well in the middle of the dry ingredients and pour in the butter and golden syrup mixture. Stir gently to incorporate the dry ingredients.

Put dessertspoonfuls of the mixture on to buttered baking sheets, about 2.5cm/1in apart to allow room for spreading. Bake in batches for 8-10 mins until golden. Transfer to a wire rack to cool.

Ingredients は材料とか内容物という時に使います。輸入食品の裏を見ても必ず出ています。海外にいると本当によく使いますから自然に覚えると思います。

porridge oat ポリッジはお粥状のドロドロしたものです。通常お米ではなくてオーツ(押麦)をミルクで煮たものをポリッジと呼びます。porridge oatとoat porridgeを間違えないように(笑)
porridge oatはポリッジ用の押麦(クエーカーズとかが有名)で oat porridgeはそれで作った押麦のお粥です。使用前使用後(笑) biscuitなので使用前のドライの押麦を用意しましょう。

desiccated coconut のdesiccated は聞きなれないですよね。料理以外では滅多に使わない、というかココナッツ以外には滅多に使わないので覚えようとしなくてもいいです(笑) だって乾燥させたっていう意味でdriedドライドで済ませられるから。ドライココナッツということです。売っているのはボロボロの繊維状になっているものが多いような気がします。パウダーより少し粗いです。

 plain flour は なんの変哲もない普通の小麦粉っていうことですが、日本の普通は薄力粉のところ、海外の普通は中力粉です。が薄力粉で代用可能です。

完璧主義者の方は薄力粉と強力粉を半々に混ぜてください。うどん粉っていうのが中力粉なので香川県にお住まいとかでお持ちの方はそれでも。

アーモンド粉や大豆粉米粉おからパウダーでも代用可能です。食感が変わりますけど。

caster sugar 日本語でもカスターシュガーですよね?グラニュー糖をフートプロセッサーとかミルサーでより細かく粉砕したものです。わざわざそんなことするのは面倒なので完璧主義者以外は手元にあるお砂糖で代用可能です。個人的には黒砂糖や三温糖の方が風味が出て美味しくなると思います。

1 tsp golden syrup or Honey
tspはティースプーンで小さじ1のことです。間違えやすいのは大さじはtbs テーブルスプーン(いわゆるカレーのスプーンね) なので読み間違え注意。
私はしょっちゅう読み間違えてイラッとします(笑) 
Golden syrup は ゆるい水飴又は濃いめのガムシロップですが三温糖で作られているのでゴールデン金色と呼ばれるのですね。私はわざわざ買うのも面倒だし滅多に使うものではないのでgolden syrup =honey 蜂蜜で代用です。

bicarbonate of soda はベーキングパウダーではありません!ソーダとあるようにベーキングソーダ=重曹です。掃除用でなく食品用にしましょうね。

思ったより長くなったので作り方解説編は次に。明日か明後日か忘れなきゃいいけど(笑)


忘れてたらリクエストして下さい。






AnzacDay でした。← 英語理解のコツ付き

昨日のことです。空襲か?テロか?というような朝 バルコニーの方からものすごい轟音が響いて腰が抜けそうに驚きました。

オーストラリアの祝日アンザックデーのイベントで空軍のジェット機の演目でうちの目の前(21階)を通ったのですね。
(続きはあとがきに)

IMG_1251


ウィキペディアによると
Anzac Day (/ˈænzæk/) is a national day of remembrance in Australia and New Zealand that broadly commemorates all Australians and New Zealanders "who served and died in all wars, conflicts, and peacekeeping operations" and "the contribution and suffering of all those who have served".

関係代名詞という邪魔者がいるので(笑)日本語式に文章を訳そうとすると混乱しますよ。

コツは頭から単語の意味だけ拾って情景を想像すれば良いんです。

関係代名詞のハードルは蹴り飛ばして読み進めましょう。関係代名詞って言うくらいだから関係あること言ってるんだな、って言う程度でOK。

英語読解ルールは頭の中で文章作らない!文章にするのと理解するのは別ものととらえましょう。

あなたが通訳や翻訳者になりたいなら別だけど。

初心者なら文章化はやめておこうね。

わからない単語はハイライトして調べるをクリックすれば出てきますよ。←スマホ限定だけど。

文章作らない癖つけてね。日本語で考えても良いから。

(あとがき)
どうやら夜明けと同時にセレモニーが始まるしきたりで、パースは朝から平日並みに混んでいたようです。

そういえば3時過ぎに起きてしまい外をぼーっと眺めていた時にまあこんなに早朝からダウンタウンに向かう人って多いのね〜。タクシーかしら?などと思ったのはこのせいか。

ところでオーストラリア国内では戦争は起きていないのです。市民戦争さえも。それもすごいなあと思うのは私だけでしょうか?

Winners find solutions

Winners find solutions,
 losers make excuses
 Eric Rems
念の為訳は下の方に♪

IMG_0689

Excuse ではないけれど
長い間私の思考と言葉の癖は

Why didn’t it (or you or he or they etc)
Why did it (same as above)

なぜ私は(あなたでも彼でも何でも)〜しなかったのか?
なぜ 私は(あなたでも彼でも何でも)〜しないのか?

でした。別に答えを求めているわけではないのに(笑) 

でもそのwhy ?を how にして

How can I make it better?
どうしたら良いのか? 

にしてちょっと人生が良くなり(笑)

その後

What is better to be ? 
What do I want it (this situation )to be ?
どうなったとしたらもっと良いのか?
これ(この状況)がどうなって欲しいのか?

と(浅く)考えるようになって

ものすごく楽に楽しくスムーズにHappyになりました。

最初の文の訳は

勝者は解決案を見つけ
敗者は言い訳を見つける

見つけるは探すと捉えても良いです。

マイナスからのサバイバルイングリッシュは
ポジティブサバイバルイングリッシュにタイトル変更します!

ポジティブな気持ちがあなたの英会話力も人生も豊かにすると信じています♪


ほとんど毎朝のジュースとパースの背景しかないインスタですが。↓

諸行無常を英語で言うと?

IMG_0616

諸行無常の日本語の意味がわかってないとね〜。

辞書によると

諸行 無常(しょぎょうむじょう)


・仏教の基本的・哲学的な主張を表わす成句の一つで、「あらゆる物事(現象)は変化している。変化しない、固定的な物事は存在しない」という意味。三法印の一つ。



諸行無常(しょぎょうむじょう、パーリ語: सब्बे संखारा अनिच्चा, sabbe saṅkhārā aniccā)とは、仏教用語で、この世の現実存在はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう。「諸行」は、この世の一切の事物と現象を指し(有為法)「無常」とは、一切は常に変化し、不変のものはないという意味。宋代の仏教書『景徳伝灯録』によれば、釈迦牟尼仏が入滅に際し、沙羅双樹の木の下で説いた言葉と伝えられる[1]。三法印、四法印のひとつ。


シンプルに言えばこの世に普遍のものなどないという事


で英語でもシンプルに


Everything changes Nothing is forever でも良いと思うのだけど。いや、良いはず!訳ならば


でも賢者の名言みたいな本にはこうあります。


“Nothing is forever except change.” – Buddha


“不変なものは変化しかない”


深いです。


英語の価値観も勉強方も刻々と変わっていきます。


もう受験用や趣味や手習い事の英会話はあまり必要とされていない時代ですね。



Respond; don’t react5

“Respond; don’t react. Listen; don’t talk. Think; don’t assume.” ~Raji Lukkoor

普段は同義語は初級者は覚えるなと教えていますが、中上級ならこういう使い方ってCool(笑)

文章として訳さずに単語のニュアンスの違いを味わってください。

英語の勉強じゃなくて人生の勉強ね(笑)

辞書アプリを開く時間のない方は↓
IMG_0624

この文のニュアンスです。一般的使用法は他にもありますので辞書で調べてください

Respond 応える 応じる 応対する。一旦受け入れ対応する感じ。リクエストに応じるような。淡々とした感情があまり入らないニュアンス。

react 素早く反応する 反発するような対応。上より素早い、感情、行動が入っているようなニュアンス。誰かの発言や事態に怒るのはこっち。

Listenとtalkはわかりますよね?

Think 考える(信じ、判断するために)事実を公平に、深く思考するニュアンス。判断材料がいろいろある。

assume 決めてかかる、当然だと思い込む、仮定を信じこむ。判断材料に欠けるのに真実だと思う、言う。その割に「間違ってても責任とりませんけど」、「確信はないけどきっとそう!」みたいなニュアンス。

ちなみにニュアンス は 和製英語に聞こえますが(笑)
nuance
「意味、意見または態度の微妙な違い」
です。

IMG_0623


記事検索
タグ絞り込み検索
ギャラリー
  • English Cafe AMIさんからイングリッシュカフェの感想をいただきました
  • パースイングリッシュカフェレポート6/23/18
  • 6月23日はパースイングリッシュカフェ
  • 🔰 初めての方へ PS英会話 WSについて Q&A
  • イングリッシュメンター
  • イングリッシュメンター
  • イングリッシュカフェ レポート
  • イングリッシュカフェ レポート
  • イングリッシュカフェ レポート
楽天市場
  • ライブドアブログ