ポジティブサバイバル英会話 楽に楽しく英語サバイバル

ゼロどころかマイナススタートで英会話を習得する心得を教えます。 英語が大嫌いで苦手で英語のお陰で落第寸前受験失敗だったマイナススタートの私が、留学、外資系転職、国際結婚、海外移住10カ国、今も日本と海外を行き来するバーカーゆみのブログサイトです。

英語

オリンピックに向けてそろそろTake away でしょ?

結論:そろそろ日本のファーストフードなどの店はメニューと店員のセリフをテイクアウトから Take awayに変えたほうがいいですよ。


皆さんもテイクアウトじゃなくて、テイク アウェイって注文しましょうよ。店の人はきっと気がつかないから(笑)




旅の恥はかき捨てとは言うけれど日本人が海外で多分最初の方にかく恥?(気がついていればだけど)じゃないかな?


マックやKFCやレストランなどでお持ち帰りを注文したい時に


テイクアウト って言いますよね? 日本語で(笑)


海外ではァ?っていう顔をされませんでしたか?


Take out

ってまあお持ち帰りなんですけど、どちらかというと人間お持ち帰り(笑) っていう感じ。

Take her outっていうと「彼女をどこかに連れ出す」合コン後?(笑)


Take away ってテイクアウトより絶対かっこいいから(正しいし笑笑)これから海外でも日本でもそう言いませんか?

のご提案。


まあオリンピック以降は自然に定着するのかもしれないですけどね~。


11月3日緑ヶ丘(自由が丘の隣)でサバイバル英会話ゲームワークショップ開催♪


午前中は曼陀羅冥想。続けて出るとお得な1000 円引き♪






OMGのGはGod?


日曜日の夕方、余裕で座れた電車の中で。

途中私の隣に小学3~4年生くらいの男の子2人が座りスマホゲームを始めました。

お母さん2人はその横に立っておしゃべりしています。

(そこがすでにちょっとおかしいのにお気づきですか?)
その件は(あとがき)にて。

1人の子が苦戦しているのか

「オー マイ ゴッド~ Oh my god~!」を連発しています。

それに影響されてかもう一人の子も

「Oh my god~ god god god!」と連発します。

日本で流行ってるの? 

でもね、君達外国に行ったらね、それは連発するべきではないよ。

確かに映画とか日本のコメディアンが言っているのを聞いてマネしているだけで

間違っているわけでもないのだけど。

それはいわゆるスラングの一つで。

特にGodを持たない無宗教無信神者(大半の日本人)が使っていい言葉ではないの。

クリスチャンが良く使うと思われているし、実際そうなのだけど

現在これを使っているのは主に貧困層。
もしくは黒人系のクリスチャンやダウンタウンのやんちゃ坊主達。

それもまあ、このゲームっ子と同じように神様に向かって言っているのではなく

「あれま~どうしたことか!」
「なんてことだ!」 というニュアンス。

で、もしこれを読んでいるあなたが良い歳した大人なら

OMGのGはGoodness(グッドネス) または Gosh(ゴッシュ)

クリスチャンなら!?ジーザスのジー(Jだけど発音はG)

良く使われるのはGosh 意味不明(笑)

にしておきましょうね。

Godを連発するのは神様に失礼と言う意識から

Goodness(良心)が一般的です。

女性は特にGoodnessが良いでしょう。男性も使います。

使うなら

Oh My Goodness! です。

あまりOh My God を連発していると

お前のGodは誰なんだ?と聞かれちゃいますよ。

海外では昔ほどではないにせよ無神論者や無宗教者は軽蔑される傾向があります。

良く聞かれるのですよ。あなたはどの神を信じているの?とか

あなたは何教?みたいなことを。

特にイスラム圏で良く聞かれた気がしますが、もちろんカソリックの多いアイルランドでもクリスチャンの多いアメリカでも聞かれました。

私は無宗教無神論者(でも神のような偉大な力が作用しているのは信じています)なので

素直にそう言ったら中東でもヨーロッパでも怪訝な顔をされました。

自分と同じ神様を信じていなくても良いそうです。

ただ神を持たない、信じないというのが理解できないと言われました。

そして私が無宗教無神論者だと言うことが

パーティーとかだとその場の雰囲気を悪くする(興ざめさせる)ことに気がついてからは

Buddist(仏教)ですとかZENです(宗教と言うより座禅とか瞑想だと思っている人が多いですが)とか言うようにしています。

嘘も方便です。実際仏教やZENが一番身近なもので、それを聞くだけで安心してくれるので。

(主人も同じ無宗教無神論者ですが、彼はMy God is My Wifeと言って笑いをとります笑)

若い頃のディベート大好きな私なら、なぜ私が無宗教無神論者なのかをとうとうと語ってひんしゅくを買ったかもしれませんね。そんなこともあったかも?あー恥ずかしい!

パーティーではパーティーの会話や楽しみ方、マナーがあります。

それはまた今度。

(あとがき)

あの小学生が中学高校生になって交換留学とかに行ってOMG連発しませんように(笑)

あと、お母さん達、あなた達が率先して座って子供たちを立たせないと(私より後にのって私より先の駅で降りているのだし)。

お母さんは大人で年上であなた達は幼児ではないのだから他の席が空くまで立っていなさい。お年寄りには席を譲りなさい。ゲームが立ちながらではできないならやめなさい。

おかあさん、あなたは年寄りではないにせよ親を立たせて子供が率先して座るなんてどんな教育されたんだと思われて恥ずかしいのは子供たちですよ。

と心の中で言いましたとさ。














 

祝パースで開催♪1Dayセミナー&ワークショップ


マイナスからのサバイバル英会話1Dayセミナーをパースで初開催しました。

ローカル掲示板告知期間2週間程で合計6人の方が参加下さって嬉しい限りです。

日本では留学経験なしや短期であっても帰国してから長くすっかり忘れてしまった人に向けてだったのが、すでにこちらに来ている方たちなので、私と同じ経験を実感している人ばかり。

ちょっと英語のハードル下げすぎた気もするのですが(笑)これからもフォローカフェやワークショップで少しづつ輪を広げて有意義で思い出深いパース滞在にしていただければなと思います。もちろん私にも。

英語の勉強を語学勉強と捉えるか技術習得と捉えるか。

私は後者の方で自信をなくしかけている方、時間が足りない!と焦っている方、help me!と心の中で叫んでいる方に勇気と自信と加速力を差し上げられると自負しています。

マイナスからのサバイバル英会話

次回日本では10月11月オンライン+平日夜と休日に予定しています。

興味のある方は以下からメッセージください。



恐怖の三日坊主対処法(永久保存版笑)

私のお勧めサバイバル英語三日坊主対処法

graffiti-1450798_1280


今日はいきなり結論から。

① 自分のテキストやマイバイブル(*サバ英用語)の続きか開いたページの最初の1文だけ読む。

② マイフレーズ(*サバ英用語 )を3回唱える

③ 英語の自己紹介文をつぶやく(唱えるでも叫ぶでもいいけど)(*講座で作ったやつ)

④ 自分の目標や目的を読み返す(声に出すとなお良し)

*サバイバル英会話1dayでやる魔法のツール

のどれかをやったら良しとする!

いいのよいいのよ、

最初のやる気がこれで完全に消滅したわけじゃない

毎日同じ日が続くわけじゃない

本当は本1ページ読むつもりだったり

毎日問題集1ページ以上やるつもりだったけど

予期せぬ優先順位シャッフルが起きたりするもの

体調だっていつも同じじゃない

だけど、

全く何もやらないのは自分への裏切りに感じてしまうから

(日本人は特にね~)

上記のどれかちょこっとやってみて。

欲張らないで、どれか一つでいいからね。

やったら、自分をほめてあげよう♪

世の中の多分何万人の英語勉強しよう!と決心した日本人が

そして過去の自分が

三日坊主になってそのまま何もやらなくなってしまっている中

これやった自分えらい!素晴らしい!数万人ごぼう抜き!

そして、私の経験だと体調不良の時以外は

①をやると意外に半ページや1ページ読んじゃったり
②~③を唱えているうちに何となくやる気が出てきてちょっとだけやってみたり

そんなことが頻繁に起きます。

ま、もちろんそんな気が起きなくてもNo Problem


私も御多分に漏れずブログ三日坊主を2年くらいやっていまでも週1回という約束を三日坊主しています(笑)

だから人に何か言えた義理ではないのは百も承知ですが

英語を身につける必要がある場合

三日坊主は恐怖ですよね。

3日ごとに三日坊主すればいい・・・

と有名自己啓発系の本にありましたが

それは解決法じゃないですよ~(泣)

何が恐怖かというと

三日坊主になることじゃないんですよ。

三日坊主してしまったという

自分が許せないとか

自分にがっかりしてしまう

そこが恐怖

最近コーチの方が力説していた最強かつ最重要な自己受容

それがもう劣等感のハンマーでガツンとやられる

egg-583163_1280


それが上記のちょこっとしたことで防げるのです。

え!?

上の4つさえも続かない?

それはもう本気度の問題だから

自分の本気度良ーく再確認

できれば私のサバ英1day講座出てみてね。

10月11月東京近郊 ご希望日をお知らせください。

あ、パースでも9月15日16日に開催🎶

パースで読んでいる方はお問い合わせくださいね。

来年からはオンラインでパースからお届け予定🎶

いつも長くなっちゃう私の投稿を最後まで読んでいただきありがとうございました。

keep-it-up-2634386_640







体験 パート2 体験サバイバル英会話~過労死を外国人に伝えよう~


さて前回のお題

過労死を外国人に伝えよう


サバイバルできそうですか?


どうやら海外のニュースでも幾度となく紹介されてオックスフォード辞典にもKaroshi で載ってるようです。つまり台風とかマンガみたいに英語になっちゃった(笑)  


でも無理やり進めます(笑)


とりあえず普通は本能的に(笑)単語を英単語に置き換えて見ますよね。


過労=Over working が出てきたら大したものです♪

昔の私なら、too much work !

とか very hard work とか言っちゃうと思います。


で、死=deathは子供でも知ってる単語ですから


組み合わせて

Over working death ?

もうひと声工夫してVery hard work kill themselves とか?


ま、それで全く問題ないです。


でも日本に住んでたり興味を持ってくれている外国人なら理解してくれるけど、過労死が日本のサラリーマンに続出しているなんて信じてもらえないかもしれませんね~。


まずは言葉の変換癖から抜け出して、意味由来を考える癖をつけましょう。


FBでビートルズの

It's been a hard day nights」みたいな感じかな?とコメントいただいたのですが、なるほど聴いてみるとその通り♪

http://sp.utamap.com/showkasi.php?surl=38558


有名な曲なので知っている人は多いわけで、この曲知ってる?と聞いてみて知ってたらこの曲みたいに無理して働き詰めて、死んじゃう人が後をたたなくて過労死って言葉ができたんだよね~と言えたらいいですよね。


妻のために、家族のために、疲れてヘトヘトで寝不足でも頑張る


これぞ日本のサラリーマン🇯🇵

(ちなみにサラリーマンは和製英語。近いのはfull time office worker ( manager)かa worker who is paid a salary )


 Karo-shi is death caused by long term over work forced by company or work environment.


が私の思い浮かんだ説明ですが、ちょっと堅苦しい>_<


シンプルにDeath from overwork と辞書には載っているようですね。なーんだ(笑)


でもこれだけだとなぜ?って絶対聞かれるはず(笑)


Overworking death  以外にも残業や休日出勤が暗黙強制されている事や心臓麻痺や自殺が引き起こされている事を入れると理解してもらえるのではないでしょうか?


Some Japanese full time workers have been subtly forced to work so hard such as significant over time and not able to take any days off or holiday. They end up pushing themselves toward death like heart-attack or often suicide. 


と、模範解答をコピーしても自分の口から自分の言葉で出てこないと意味ない(使えない)ので、サバイバル英会話では自分の知っている言葉ととある〇〇を使って会話をする方法を教えています。


〇〇を知りたい方はワークショップに参加してみてくださいね♪


予定が合ったら是非お会いしましょう♪


しかし肩こりみたいに言葉が伝わった途端海外にも過労死が拡まらなければよいですけど





記事検索
タグ絞り込み検索
ギャラリー
  • PerthにてEnglish Cafe開催します♪
  • 英語エリートが教える学習法や本で学ぶ矛盾
  • 英語エリートが教える学習法や本で学ぶ矛盾
  • アメリカでも通じる日本語 
  • アメリカでも通じる日本語 
  • レシピ英語3 アンザッククッキー (ビスケット)
  • レシピ英語3 アンザッククッキー (ビスケット)
  • レシピ英語3 アンザッククッキー (ビスケット)
  • レシピ英語2  アンザッククッキー 
楽天市場
  • ライブドアブログ